電子ピアノの新着情報です。日々進化する技術で本物の音とグランドピアノに匹敵するキータッチ、ピアノへのレッスンと考えているならキータッチにこだわって下さい。電子ピアノに関する情報や口コミはこのサイトの記事が参考になると思います。自分やお子様にピッタリの電子ピアノを見つけて下さい。

電子ピアノのトレンドとこれから

電子ピアノの最近のトレンドは電子楽器化が進んでいる点が上げられます。つまり電子ピアノの鍵盤のタッチや音色は既にどのメーカーも一定ラインに達しているのです。このため電子ピアノのメーカーの戦略はレッスン機能やコンピュータとの連携、室内演奏時の音響の工夫などにシフトし始めています。

代表的な動きに、電子ピアノのブランドの推移が上げられます。もともとd遠視ピアノはヤマハが先行し、カワイが追いかけるピアノメーカーの戦いでした。しかし近年では電子楽器の先鋒であるローランドの台頭や低価格なカシオの拡大など、コンピュータ搭載、電子処理に強みをもつ電子ピアノブランドがシェアを上げているのです。

実際の家庭でのピアノ演奏シーンを振り返っても、グランドピアノをおける家庭は限られています。比較的狭い部屋で上質な音を楽しもうとすると、電子ピアノ側での音響の工夫などが必用になります。

これからの電子ピアノは小さなボリュームでも音質がよい。ヘッドフォンでの音響が工夫されている。電子ピアノの鍵盤タッチがより本物に近い。こうした点をそれぞれの電子ピアノを手がけるブランドが工夫してくると考えられます。

電子ピアノの選び方

電子ピアノの選び方は、他の楽器に比べると配慮が必用です。多くの方は電子ピアノをピアノのレッスン用として使用することが多いと思います。つまり電子ピアノでレッスンを行い、将来的にはピアノをひこうと考えている方が多いのです。

お子様のオモチャや練習用であれば電子楽器と位置づけられる低価格なものでも構いません。しかしピアノの演奏を目指す方は低価格な電子ピアノは適しません。こういった低価格の電子ピアノは音色および鍵盤のタッチが明らかにピアノと違います。このため上達に合わせて更に追加で電子ピアノを購入することになるからです。

電子ピアノを選ぶ際に特に配慮して欲しいのはメーカーです。私はヤマハやローランドの電子ピアノがお勧めです。この二つの電子ピアノのブランドは比較的メンテナンスが楽な上に、音色や鍵盤タッチもピアノのレッスン用として工夫されているからです。

お子様にピアノ演奏への道を準備してあげたい親御様は、こうした点に配慮して電子ピアノを選んであげて下さい。またご自分がピアノを弾きたいと思われている方も電子ピアノを選ぶ時の指標にして下さい。

電子ピアノとはどのような楽器なのか?

電子ピアノの誕生の背景には日本の住宅事情が関係しています。ピアノ好きの方、子供へのピアノレッスンなどピアノへのニーズが高度経済成長期にはありました。しかしピアノを弾ける程の広い住宅や防音設備は普及していなかったのです。

電子ピアノはそうした音楽愛好家の方のために誕生しました。ピアノ程大きな音でなくヘッドフォンでも音が聞ける。これが電子ピアノ誕生の背景なのです。発売当初は電子ピアノは高級な楽器でした。しかし電子ピアノへのニーズにより普及価格帯に下がってくると大変普及しました。

電子ピアノの特徴はそのキータッチがピアノ程難しくないことが挙げられます。お子様の手や日本人の手にはグランドピアノでは重く難しい技術でも電子ピアノなら可能です。また電子ピアノへの自動演奏機能やチュートリアル機能の搭載により、演奏を学ぶこともできるのです。

こうした特徴を踏まえて最近では様々なタイプの電子ピアノが発売されているのです。